夏の脇汗対策

夏の脇汗対策

夏になると気になるのが脇汗。ただでさえ涼しく過ごしたい夏なのに、脇汗を気にして暑い夏を過ごすのは嫌ですよね。私の簡単な脇汗対策は、朝起きたらまずシャワーをあびる事です。

 

当たり前のように感じるかもしれないんですけど朝シャワーをして、寝ている間にかいた汗を流すのと流さないのとでは1日の快適さが全然違います。また、脇汗スプレーのもちもよくなるような気がします。

 

あとは、できるかぎりこまめに下着を換える事です。汗をかいた服を長時間着用していると、雑菌と混ざって嫌なにおいの原因になるので、できるだけ汗をかいたら下着を交換するようにしています。

 

また脱いだ下着は、衣類用のハイターなどにしばらくつけてから洗濯すると嫌なにおいの元がとれてすっきりします。柔軟剤のいい香りも長持ちするので夏場は洗濯前に衣類用ハイターを使用するようにしています。

 

夏の衣類には素材にもこだわると脇汗が気にならなくなると思います。例えばピタッとしたTシャツなどを着ると脇汗が目立ってしまうので、トップスは風を通しやすいふわっとしたものを選ぶようにしています。

 

また、ポリエステルのような化学繊維100%の服は汗のにおいが移りやすいので、綿や麻などの素材を選ぶと快適さが全然違ってくると思います。

 

ワキガの臭いの解消

脇汗対策ウィキナビ

ワキガは本当に悩んでいる人が多いです。こればっかりは体質ですから、個人的に出来ることはかなり限られています。

 

しかし、限られている、ということは出来ることはあるわけです。その一つとして、腋を常に清潔にしておく、というのがあります。

 

腋にある発汗器から汗が出ることによって、臭いを発する、という状態になっていますが、やや誤解があります。

 

確かにそれにも臭いがないわけではないですが、問題となるのは腋毛やシャツなどに染み付いて雑菌と混ざることによって臭いが強くなる点です。

 

つまりは、腋をしっかりと清潔にしておき、シャツなどの下着を一日に何度も取り替えることができるならば、実は臭いはかなり抑えられます。

 

汗がそのまま臭うわけではないので、そうした意味では対処策がまったくない、という症状ではないです。

 

ですが、臭いがどうしても強い人もいます。これは汗腺の数によります。これが個人によって物凄く差があるわけです。

 

元々、異性に対するフェロモンの一種であったわけですから、本当に体の性質ですから、改善は個人的な努力では不可能です。

 

最終方法としては汗腺を切除があります。腋を切開して、取り出します。良い方法であり、効果も高いですが外科手術ですから、よく検討したほうがよいです。