ワキガ対策として肝要な点

ワキガ対策として肝要な点

色々と諸説あるわけですが、ワキガの人であろうと最初に掻いてある汗、つまりは滴り落ちる汗に関しては臭うことはほぼないです。
体臭などの問題によって臭うことはありますが、基本的に汗に関しては流れ出ている段階ではそこまで臭うわけではないです。
では、どうして臭うようになるのか、といいますと老廃物や雑菌などと交じり合うからです。
この臭いに関して問題があるわけです。但し、それでも体質の差はありますし、ワキガの人は僅かな汗の染み込みでも強烈な臭いを発することもあります。
これに対する対策として、まずは腋毛を剃る、というのがあります。腋毛は雑菌の宝庫であると言えますから、これを剃ることによって、臭いの発生を防げるようになります。
すべてがすべてとはいいませんが、かなりの重要なポイントです。加えて、下着です。
最高の良い方法としては数時間ごとに取り替えることです。面倒ではあるでしょうが、そうすれば服の雑菌と混じりあい、臭いを発する前に止められます。
このふたつのことを意識するのが肝要といえます。腋毛を剃ることは問題ないとしても下着を頻繁に取り替えることはかなり難しいでしょうが、仕事にルーチンがあるならばその中に取り替える時間を組みこむとよいです。

 

私がワキガ対策でやっていること

 

私は確実にワキガです。
別にしっかりと調べたことはないのですが、腋の汗が黄ばみますから、そうであると判断しています。
自分では臭いがわからないので少しでも腋に汗を掻いたときには拭くようにしています。
色々と調べてみるとワキガの原因となる発汗器官が実は他にもあるのでそちらも注意しています。特に気をつけているのが耳の裏です。ここにもワキガの原因となる汗腺があるそうで、こちらもよく拭いています。
汗はそのまま乾くことが多いですが、それがにおいの原因の一つとなっています。つまりは、乾いているのはよいですがそこで様々なにおいの要素となる雑菌と混じりあっているから更に強く臭うわけです。
ワキガ自体は防ぐことができないですが、雑菌と混じってにおいが酷くなることは避けようと思えばできます。
はっきりいって、かなり手間ではありますが拭くことができる機会があれば拭いています。トイレにいったときなどがベストです。
但し、タオルで拭いていますとそのタオルが臭うようになりますから、紙ナプキンのやや堅いものを用意しています。使い捨てにできるからです。
そこに消臭剤などを染み込ませて拭いています。これで多少はにおいが緩和できていると思ってやっています。

 

脇汗を絶対に止める!脇汗対策のウィキナビ