脇汗 止める

脇汗止める|脇汗対策ウィキナビ

脇汗対策

嫌な脇汗を防ぐために。

 

たいして寒くないのに、脇にだけ汗をかいている。そんなことがよくあります。
なんで脇にばかり汗をかくのだろう?
体のなかで中で、脇には汗腺がたくさん集まっているからなのです。
汗をかくことは、体が体温調節をするために必要なことなのですが、
脇にばかり汗をかくのは、やはり恥ずかしくもあり、臭いも気になります。
そんな脇汗を防ぐ方法があります。
まず、制汗剤を使う。
これは、お風呂上がりの清潔な肌に使うのが一番効果があります。
お風呂上がりの、まだ汗をかいていない汗腺に使うことで、予防になるのです。
そして、疲れをためない。
体だけでなく、精神的にもストレスをためないこと。
ストレスは、血液循環を悪くし、汗腺機能を弱めてしまいます。
また、食事も脇汗対策には重要です。
汗をかくということは、交感神経が働いているということなので、
逆に、副交感神経を働かせてあげれば汗を抑えられるということになります。
ハーブなど、リラックスさせる効果のあるものを取るようにする。

こんなことも有効になってきます。
夏野菜は体を冷やす効果があるので、キュウリやトマトなどを食べるようにするのも効果的です。
そして、汗をかきやすい季節には、通気性の良い服を着ることも予防になります。

 

以上が、嫌な脇汗を予防する方法です。

 

制汗デオドラント剤の需要はますます増加?

脇汗対策

人々の汗に対する悩みには、「汗のベタつきによる不快感」「汗のニオイによる不快感」があって、より制汗や消臭効果の高い商品を求める傾向にあるようです。また、都市部を中心に、満員電車やエレベーターなどで対人を意識する場面が多く、ニオイに対する不安を訴える人が増えているとされています。

 

ニオイ発生のメカニズムは、汗が細菌によって分解されて分解臭が徐々に発生していくというものです。そのようなニオイや汗に対応する制汗・デオドラント剤は、パウダースプレー、ロールオン、シートなど様々な剤型があります。日本では、モンゴロイド(黄色人種)以外の人種と接する機会が少ないために、自分たちのニオイがわからない=ニオイがないという思い込みがあり、それゆえ欧米に比べるとデオドラントの市場が小さいといわれています。そんなニオイに対する深刻な悩みが少ないからこそ、日本では、身だしなみとして利用する人が多いパウダースプレーが今後も主流になると考えられます。また、日本人は肉食中心の食生活への変化によって、汗と一緒に排出される脂肪分が多くなり、体臭が強くなりがちになってきています。そういった背景をふまえると、将来的には制汗デオドラント剤の需要はますます増えていきそうですね。

 

参考:デオドラントとは

 

年中つらい…脇汗の悩み

 

私は脇汗に悩んでいます。多くの方も同じような悩みをお持ちだと思いますが、私もかなり深刻です。
暑いときはもちろん、私は緊張すると脇汗を大量にかいてしまいます。現在、仕事柄人前に立つことも多く、毎日脇汗を気にしています。
脇汗をかいたら気になることは、汗じみとにおいです。汗じみが目立たないようにするために、着るトップスは限られてきます。グレーなんてもっての他ですし、パステルカラーなど淡い色もアウトです。服の色だけではなく、薄い素材だとかなり染みてしまうので、必ず何か羽織るようにしています。夏の時期でも、薄手のカーディガンはマストです。それでも以前、カーディガンに汗じみができてしまい、腕をあげられない事態になってしまいました。
またもうひとつの悩みはにおいです。制汗スプレーはかならずしていますが、それでもにおいが気になることがあり、しょっちゅうつけなおしています。さらに脇汗のにおいは、アウターにも移ってしまいます。スーツやコートなどににおいがこもってしまうことがあります。
脇汗は止めようと思って止められるものではありません。しかしそういうものだと開き直って、あまり深く考えずに日々を過ごして行きたいと思います。

 

ワキガは何歳から?

ワキガ年齢

ワキガがキツイのは男の人、中年というイメージを持っていましたが、ワキガって何歳からなってしまうのでしょうか?
子供でワキガはあまり聞いたことがありませんが、中学時代にクラスメイトの女の子がワキガで結構な臭いを放っていました。
今思うと中学生でワキガと思いますが、成長期で汗もよくかく中学時代はワキガになってしまいやすいそうなんです。

 

体質にもよりますが、意識してワキを清潔に保っていないとワキガが発生してしまいます。
特に夏場は汗を沢山かいて、薄着なので臭いがキツクなってしまいます。
中学時代からワキガに悩んでしまったら、その先の思春期は大変です。
ワキガが恋愛の障害になってしまうこともあるかもしれません。恋人とは近くにいたいからその臭いを認めてくれる恋人ではないと難しいです。

 

ワキガは遺伝すると言われるので、子供のころから発生してしまった子は親がワキガだった可能性が高いです。両親ともワキガだった場合
ほぼ子供はワキガになってしまうとも言われています。
これは防げないので、なってしまったら対策をして少しでも軽減するしかないです。

 

中学時代の同級生はその後何か対策や手術みたいなものをしたのかな?と気になります。

 

参考:脇汗対策〜ひどい脇汗もピタッと止める〜

更新履歴